そのマインドセット、間違っているかもしれない

みなさんこんにちは。現役MUPうさぎさん生のYukiです。
今回は成長していく上での「マインドセット」についてのお話です。

 

マインドセットを間違ったら迷走してしまう

まず始めに、ビジネスをしていたり意識が高い系の人達と会話をしていると出てくる「マインドセット」とはどういう意味なのか?しっかりと理解しておきましょう。

 

マインドセットには様々な意味があるのですが、共通して様々な要素から作られています。

・自分自身の性格
・経験
・先入観
・身を置く環境
・価値観
・判断基準
・信念や思い込み
このようなたくさんの要素から作られる「考え方」や「勘定のあり方」の事を指します。
「私はこのような方法で成長していく」
「こういう考え方で進んでいく」
というようにマインドセットをしていく事がビジネスをしていく場合や成長を続ける場合は必須なんです。
しかし、気をつけたいのがマインドセットにも段階があるという事です。
せっかくのマインドセットも、その段階を間違えてしまえば意味がないんです!

社会貢献がしたいなら、そのレベルまでいけ

「私の夢は、多くの人に社会貢献する事です。」
「たくさんの人を救いたいと思ってます。」

 

自己成長に積極的な人たちと会話していると、よく聞くフレーズですね。
誰かを救いたいと思うことは素晴らしいことですが、果たしてその夢は口先だけではないだろうか?

 

そう考えたことはありませんか?
自分の今の状況で、本当に多くの人を救えるのでしょうか。

 

収入の種類によって段階がある

まず、一番大事なのは「今」自分がどの段階にいるのかを認識することです。
収入の種類によって、その段階を簡単に分けることができます。

 

3つの大きな収入の種類

TIM(Time Is Money) サラリーマン・アルバイト・弁護士・コンサル・副業など・・・ 働いた時間に対して、収入を得ている職種
RIM(Result Is Money) 副業・サラリーマン(インセンティブあり)・フリーランス・経営者など・・・ 自分が出した結果・成果に対して、収入を得ている職種(時間は関係なく)
KIM(Knowledge Is Money) 資産家・投資家 自分の資産を他者に預けて収入を得る(労働時間は減る)

 

 

TIMやRIMの収入の段階にいる人に限って、大きな夢を語りがちですが正直なところ無理な話です。
自分自身を時間や所得に大きな余裕もないのに、社会貢献が実現できるのでしょうか?
本当の社会貢献をできるレベルはKIMの段階になってからなのです。

 

今から起業しようと思っています!と熱く語る人で「世界の〇〇をどうにかしたい!救いたい!」という人を見かけます・・・結果その大きすぎる目標が達成できない事に悩んでしまいビジネスもうまくいかなくなってしまう。身の回りにそんな人が多いような気がします。
私自身が、日々モヤモヤと感じていた「社会貢献マインド」を持った人の多さに対してズバッと言ってくれました。

まずは継続して稼げる、成長し続ける事

誰かを助けたい!多くの人を救いたい!社会経験したい!そう思うのであれば、まずは自分自身を潤し成功を収めてからにしましょう。
その大きすぎるモチベーションが成長の妨げにもなってしまいます。
成長していけるように、行動を継続する。
その為にはまずは、稼げるようになるマインドセットをまずはしていくべき!
本当に稼げるようになったら、もう一個上のマインドセットを作ろう!
今回、紹介した内容はYouTubeの無料動画でご覧いただけます。
うさぎクラス限定動画の後半部分では、より具体的なマインドセットについてご紹介しています。
最新情報をチェックしよう!