商品を売らない “ブランディング” とは?

「ブランディングについて答えなさい」と言われたら、すぐに的確に答えられるでしょうか?

 

ブランド=高級品 だとか思ってませんよね?

 

ビジネスをしていく上での「ブランディング」はとても重要なポイントです。
このブランディングスキルを身に付ける事で、売り上げがなぜか伸びないと悩んでいる方。そして今から起業しようとしている方の思考を整理し、答えを導き出せるはずです。

 

今回は、MUPうさぎクラスの WEEK8「ブランディングスキル」についてお話します。

 

ブランディングとは?

商品やサービスを売るのに「ブランディング」は不可欠です。
このブランディングですが、実は商品のブランディングをするだけでは意味がないんです。
商品の売るために、商品以外のブランディングをしっかりとしていきましょう。

 

大企業になると、部署ごとに「マーケティング」「アドバタイジング(広告)」「PR」と分かれている事がほとんどです。時には、「マーケティング部の中にブランディングも含む」というように一緒にしてしまっている場合もあります。
マーケティング、広告、PRもそれぞれ顧客に商品をアピールするための方法とされていますが、具体的にどう違うのか?これをぜひ覚えておきましょう。

 

4種類のブランディング

 

  • マーケティング:特定の1人(顧客層)にアピールする手法
  • 広告:不特定の人にアピールする方法
  • PR:他者が間接的にアピールする方法
  • ブランディング:ブランディングを定める事で、相手からアクションしてくる方法

 

どの方法が、一番効果的に多くの人に商品やサービスをアピールできるでしょうか?

 

ブランディングをしっかりとする事で、狙いを定めたターゲット層からのアクションを期待できる上にそれ以上の顧客をゲットする可能性もあるのです。自分たちが常にアピールを続ける必要もないので、より効果的だと言えます。

 

このブランディングも、様々な種類に分けられます。
種類によって、どこにフォーカスを置いてブランディングしたらいいのか?をご紹介します。

 

コーポレートブランディング

会社として、どのようなブランディングにしていくのか?
これをしっかりと定めていなければ、事業自体が負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなります。

 

具体的なコーポレートブランディング:

HP / ロゴ / パンフレット / 代表者 / 提携先 / 資本金 / 法務 ・・・ etc

コーポレートブランディングは、「会社として」どのようなブランディングをしていくのか?が重要になってきます。ビジュアル面以外にも、どのようなビジョンを持っていくのかという中身も大事になってきます。

競合を把握するが、競合は作らない

 

Googleが掲げているコーポレートブランディングをご存知でしょうか。
まさに、競合をしっかりと把握した上で競合を作らないブランディングをしているのです。

 

 

広告会社だが、広告会社ではない!!

実は、Googleの売り上げの約9割は広告費であると言われています。確かに有料サービスを多く展開するのではなく、WEB広告で収入を得ているのだからそうなりますね。しかし、Googleは広告業界には参入していない「テックカンパニー」だと言っています。

 

ここを、明確にする事でGoogleは広告業界の競合他社のクライアントの取り合いに巻き込まれることもなく、自社の特徴を活かした上で広告に力をいれる事ができるのです。

 

コーポレートブランディングがいかに重要なのか?成功している企業がどのようにコーポレートブランディングをしているのか調べてみると参考になりますね。

 

プロダクトブランディング

そして、商品やサービス自体のブランディングをするのがプロダクトブランディングです。
価格設定から、商品のデザインなどの詳細までをしっかりと決めておく事が必要です。

 

 

具体的なプロダクトブランディング:

価格 / 原材料・素材 / パッケージ / 雰囲気 / デザイン / 希少性 / 認知度・認可 / 資格 / 使用効果 ・・・ etc

 

 

一杯のコーヒーをいくらで売るのか?

コンビニでは1杯100円で販売しているコーヒーを
高級なホテルでは1500円で販売していることもあります。
この価格設定はどのように行われるのか?考えた事があるでしょうか
高級なホテルでも1杯100円で販売すれば、販売数は増えるはず。
販売数が減ってしまっても、価格を上げる理由と「それが可能になる理由」が肝なんです。

どこを選べば一番利益が高いのか?そして付加価値を与えられるのか?考えてみよう。

具体的に、書きたい!教えたい!けれど、ここから先はより実用的で生徒限定の内容なんです・・・かいつまんでご紹介していきますね。

 

マーケティングブランディング

マーケティングブランディングとは、製品やサービスを売り出す上で製品以外のものをブランディングする事ですね。

 

具体的なマーケティングブランディング:

チャネル / ターゲット / メディア / 口コミ / SNS広告・集客 / キャッチコピー / ストーリ・・・etc

 

 

マーケット(市場)において、どのようなブランディングをしていく事が商品やサービスの売り上げを上げていくのか?
例えば、空間に付加価値を付ける・商品自体に付加価値を付ける・サービスに付加価値を付けるなどの方法があるんです。

 

セールスブランディング

そして、最後が商品を売る方法のセールスブランディングです。

 

具体的なセールスブランディング:

販売方法 / 提携先選定 / 顧客選定 / 販促資料  ・・・ etc

 

ごめんなさい!具体的な内容はうさぎクラス限定で!(しつこい笑)

商品を売りたいなら商品を「売るな」

ブランディングと聞くと「商品自体のブランディング」を思い浮かべがちです。
でも、実は商品以外の細かいところまでブランディングが必要になってくるんですね。そして、そこを疎かにしていると「負のループ」に陥ってしまい、価格競争などに巻き込まれてしまう事になるんです。
会社自体に付加価値を与える、商品やサービスに付加価値を与えるには「本気のブランディング」が必要なんです。
今一度、自分自身のブランディングも合わせて見つめ直してみましょう。
最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 


 

うさぎクラスも準備編を終えて、どんどん実用的になってきています。
YouTubeでは、前半部分が無料で公開されていますが肝になるのは後半部分です。

 

 

最新情報をチェックしよう!